秋・紅葉とイチョウの日光東照宮紀行!

 

秋のお天気のいい日に、日光東照宮に行ってきました!

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%81%ab%e5%88%b0%e7%9d%80%ef%bc%81

秋の日光東照宮!

空気も澄み切ってきた11月、初の日光東照宮お参りに行ってきました!

特に何も考えず無計画な小旅行でしたが、いちょうも紅葉もいい具合に色づいて、しかも天気もよくて最高でした。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e8%a6%8b%e4%ba%8b%e3%81%ab%e8%89%b2%e3%81%a5%e3%81%84%e3%81%9f%e7%b4%85%e8%91%89%e3%81%a8%e9%8a%80%e6%9d%8f

めっちゃいい天気!

朝の苦手な管理人、日光東照宮の近くのペンション ポコアポコに素泊まりして結構朝早くに出かけたのですが…

シーズンに天気が良すぎたためか、駐車場の行列がスゴイことに。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4%e3%81%ae%e8%a1%8c%e5%88%97

日光東照宮の駐車場の行列

さすがにコレに並ぶ勇気はありません…

一番近い日光東照宮駐車場はこんな様子とはいっても、その下にある別の駐車場が空いていたのでそこに停めて徒歩。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e5%bf%ab%e6%99%b4%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%84%e5%a4%a9%e6%b0%97%ef%bc%81

にしても天気に恵まれて本当によかった

そして日光東照宮に到着!

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e3%81%ab%e5%88%b0%e7%9d%80%ef%bc%81

日光東照宮に到着!

駐車場から歩くことしばらく、東照宮名物?うぐいす笛の音色が聴こえてくる頃に東照宮に到着!

あ、駐車場側から上がってきたら、東照宮の本殿側の手前で武徳殿や東照宮宝物館があります。

%e8%a6%8b%e4%ba%8b%e3%81%aa%e6%9c%b1%e5%a1%97%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e6%ad%a6%e5%be%b3%e6%ae%bf

見事な朱塗りの武徳殿

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae%e5%ae%9d%e7%89%a9%e9%a4%a8

日光東照宮唯一のモダン?な建物の東照宮宝物館

この東照宮宝物館では日光東照宮のさまざまな解説もありますし、中にカフェの上島珈琲もあります。

素泊まりで早起きして腹ペコだった管理人、上島珈琲で優雅にモーニング。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e3%81%91%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%93%e6%b1%81%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%ae%e8%bb%bd%e9%a3%9f%e3%81%ae%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%82%82

モーニングの直後に見つけた軽食販売。ああ、けんちん汁にしておけばよかった

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e3%81%84%e3%81%84%e5%a4%a9%e6%b0%97%ef%bd%9e

天気がいいからか人出もなかなかな日光東照宮

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%81%ae%e4%ba%94%e9%87%8d%e5%a1%94

特別公開されていた重要文化財の五重塔

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae-%e4%bb%81%e7%8e%8b%e9%96%80%ef%bc%88%e8%a1%a8%e9%96%80%ef%bc%89

そしてここからは有料になる表門(通称仁王門)

この仁王門と呼ばれる表門からは、有料の参拝券が必要となります。

なお、開門時間は時期によって変わりますのでよく確認してから行きましょう。

(細かい開門時間は本記事後ほど)

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e5%be%a1%e6%89%8b%e6%b0%b4%e3%82%82%e7%be%8e%e9%ba%97

御手水所もキレイ

残念ながら修復中の施設も多く…

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e6%ae%8b%e5%bf%b5%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e9%99%bd%e6%98%8e%e9%96%80%e3%81%af%e6%94%b9%e4%bf%ae%e4%b8%ad

残念なことに、陽明門は修復工事中

残念なことに陽明門が修復中。

いや、率直なところ門が修復中なくらいは全然よかったのですが、かの有名な見ざる・聞かざる・言わざるの彫刻が修復中だったこと…

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae-%e8%a6%8b%e3%81%96%e3%82%8b%e3%83%bb%e8%81%9e%e3%81%8b%e3%81%96%e3%82%8b%e3%83%bb%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%81%96%e3%82%8b

神厩舎の見ざる・聞かざる・言わざるのレプリカ

見ざる・聞かざる・言わざるの彫刻があるのは神厩舎と呼ばれる、馬を休めるための厩舎。

昔から猿が馬を守るとされており、そのため猿の彫刻がなされています。

実は見ざる・聞かざる・言わざるは全部で8面ある猿の彫刻の一部。

この8面の彫刻全部が人間の一生を表しており、子猿の三猿の彫刻は『 悪いものは見ない(見せない)、聞かない(聞かせない)、言わない(言わせない) 』ことが子どもの教育において大切であるという教え。

初めて知った。

管理人が行った時は8面全てが修復工事のためはずされた状態でしたが、画像の通り見ざる・聞かざる・言わざるだけはレプリカが展示されていました。

眠り猫と平和のすずめ

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae-%e7%9c%a0%e3%82%8a%e7%8c%ab%ef%bc%88%e3%83%ac%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%ab%ef%bc%89

見ざる・聞かざる・言わざるに並んで有名な眠り猫!

すごく残念のなことに、眠り猫も見ざる・聞かざる・言わざる同様に修復中のため、他に移されレプリカの展示となっていました。

それでもさすがの眠り猫、奥宮に向かう回廊の狭い門で撮影客が殺到して、軽く渋滞が起こるレベル。

眠り猫は、徳川家康公により戦火が去り、天下泰平の平和な世になったことを表現したものです。

確かにその平和そうな眠り顔は平和そのものですが、実はその平和を表現するのには眠り猫だけでなく、もう一つ対になる彫刻があります。

それは眠り猫の裏側にあるすずめの彫刻。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e7%9c%a0%e3%82%8a%e7%8c%ab%e3%81%ae%e5%be%8c%e3%82%8d%e3%81%a7%e5%b9%b3%e5%92%8c%e3%81%ab%e9%a3%9b%e3%81%b3%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8b%e3%82%b9%e3%82%ba

平和を謳歌するすずめのつがい

このすずめのつがいは、単体の彫刻としても平和と繁栄の象徴として彫刻されたもの。

そして、このつがいのすずめと、本来であればそのすずめを付け狙うはずの猫がすぐ裏側ですやすやと眠ってることこそが、徳川家康公によって戦国の世が終わり平和な時代が訪れたことを表しているのです。

そして徳川家康公が眠る奧宮へ

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e5%a5%a7%e5%ae%ae%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%9f%b3%e9%9a%8e%e6%ae%b5

そして徳川家康公が眠る奧宮への道は…

眠り猫とすずめの彫刻のある先の坂下門を抜けると、聖域とされる徳川家康公が眠る奥宮へ続く石段。

この石段、なんと207段も続きます…

運動不足の身には響くぜ…

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e5%a5%a7%e5%ae%ae%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%9f%b3%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%81%af%e5%85%a8%e3%81%a6%e4%b8%80%e6%9e%9a%e5%b2%a9

この石段、一段一段が…

この石段、実は一段一段が全て一枚の岩から造られているのだそう。

写真にはありませんが、手すりの一つ一つのパーツも同様に全て一枚岩。

さすが天下人、豪勢。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e5%a5%a7%e5%ae%ae%e6%89%8b%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%81%94%e9%81%ba%e8%a8%93

いいことおっしゃる

207段の石段を上る途中に、ご遺訓のお言葉が掲示。

人の一生は主にを負うて遠き道を行くが如し

急ぐべからず

いい言葉です。

しかし急がず行きたいところですが、休憩したくても石段の途中では…

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e5%a5%a7%e5%ae%ae%e3%81%ae%e9%8b%b3%e6%8a%9c%e9%96%80

唐銅で造られた鋳抜門

拝殿の奥、家康公の御神柩が安置されている御宝塔に続く鋳抜門(いぬきもん)。

錫や鉛、銅などを使った唐銅(からかね)という合金で出来た金属製の門です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae-%e5%a5%a7%e5%ae%ae%e5%be%a1%e5%ae%9d%e5%a1%94

そしていよいよメインイベントの御宝塔

そして、いよいよ御宝塔。

徳川家康公が眠っているとされる御宝塔

御宝塔も鋳抜門と同じく唐銅でできています。

元々は石造だったそうですが、5代目将軍綱吉公の頃に地震によって倒壊などが起こったため、鋳抜門とともに御宝塔も唐銅製に造り変えられたのだそう。

小噺・日光東照宮に家康公の御遺体は祀られていない?

実は、日光東照宮には家康公の御遺体は祀られていない説があります。

家康公の御遺体は久能山東照宮の神廟にあるともいわれており、実際に御遺体がどちらに安置されているかは長く議論が行われてきました。

結局のところ日光東照宮の奥宮も久能山東照宮の神廟も発掘はされていないため、真相はわからないよう。

ただ、御遺体の行方はいずれにしても、久能山東照宮より日光東照宮へ御霊は移したとされています。

そのため、日光東照宮も久能山東照宮のどちらにも家康公の御霊が祀られ人々を見守ってきている、というのが通説のようです。

鳴龍の薬師堂

さてさて、日光東照宮といえば忘れちゃいけないのが、鳴龍で有名な薬師堂(本地堂)

日光東照宮の敷地内にありながら入場時の半券が別にあったり、日光東照宮のホームページでもほとんど照会がなかったりとなんだか不遇な扱いをされている薬師堂ですが、それもそのはず。

実は神仏分離によって日光東照宮は神社として、薬師堂は輪王寺の一部として別の寺社の扱いとなっているのです。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_%e9%b3%b4%e9%be%8d%e3%81%a7%e6%9c%89%e5%90%8d%e3%81%aa%e8%96%ac%e5%b8%ab%e5%a0%82%ef%bc%88%e6%9c%ac%e5%9c%b0%e5%a0%82%ef%bc%89

鈴鳴龍で有名な日光東照宮 薬師堂

撮影禁止のため写真は撮れませんでしたが、天井に描かれた龍の顔の真下だけで音が響くのはなかなか面白かったですね。

本当に龍の顔以外では音が響かないんです。

実は薬師堂は昭和36年(1961)年に全焼しており、狩野永真安信によって描かれた天井壁画の鳴龍も消失したそう。

しかし、その後薬師堂の復元にあたり、日本画で高名な堅山南風氏によって描き直されています。

今でも鳴龍が鳴くんですから、やはり当時の鈴鳴きのギミックはわかっていたってことなんでしょうかね。

日光東照宮まとめ

管理人、思いつきで行って日光東照宮だけ立ち寄って早々に帰ってしまいましたが、朝に出て一通り回って昼頃にはもうお参り完了。

意外とさっくりお参りできちゃいますね。

日光に遊びに行った時には、ぜひ日光東照宮に立ち寄ってみてください。

日本でも最大級の一人の人を祀る寺社は、さすがに豪奢です。

拝観時間・拝観料

・拝観時間

4月から10月末までは午前8時~午後5時

11月から3月末までは午前8時~午後4時

(受付は閉門30分前まで)

・拝観料

大人・高校生 1,300円 小・中学生 450円(団体料金有)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 遠藤晃 より:

    うぐいす笛売っているのは、私の伯父さんです。

    • 管理人 より:

      そうでしたか!
      気になって調べてみたら他にも色々なブログで話題になっているみたいですね。

      耳に残るキレイな音色でした。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)